なるようにしかならないのです!

昨日、緊急事態宣言が延長されました。

 

思い返すと、緊急事態宣言が出る直前の周囲の空気は、欧米のショッキングなニュースにも煽られるように「早く都市封鎖しないと感染爆発して大変なことになる!」というかなり緊迫した「危機意識」となっていました。

ところが今、感染爆発は免れたものの未だ終息しないため緊急事態宣言延長‥となると、経済不安や財政支援の不満などが高じ「緊急事態宣言まだ続くのか?政府は何やってるのか?」という空気になっている気がする。どうしろというのか??

 

緊急事態宣言前も、旅行に行く人や飲食店のお客さんの入りは減少していたし、仮に宣言を解除したとしても、敢えて感染しに行くような「三密」は避けるのではないかと思います。なので、いずれにしても大きくは変わらない。

 

今回の大きな変化で、出来なくなってしまったことをくよくよ考えているより、「新たな発見があった。」「充実した時間ができた。」等と考えるほうが健全ではないでしょうか?(仕事がゼロにならない医療従事者の綺麗ごとかもしれませんが‥)

また、今になって発覚した問題の根っこは、コロナ以前に既に生じていたのではないでしょうか?

 

いま、お客さんが入らない飲食店も、この時期にどのような対応をするかが今後の分かれ目になりますよね。

結局のところ、なるようにしかならないのです。

 

夜間営業の飲食店を経営している知り合いは、現状に合わせて昼のお弁当を作るようににしたところ、いろいろなところから予約が入るようになったと聞いています。新たな顧客獲得ですよね。自粛解除になったら、きっとお店の常連さんになってくれるでしょう。

ビジネススクールで学んだ、「お客のニーズをつかむ」ことを、どんな時もきちんとやれるできるかどうかにかかっています。

私たちの訪問看護ステーションでも同様です。

 

国の感染症の専門家会議では、当初から未知のウィルスに対する解決策をあらゆる側面から検討しており、今の日本は、専門家会議の提言に救われていると痛感しています。各医師会も、使命感を持って活動してくれています。現場の最前線の医療従事者だけでなく、専門家の方々にも感謝しています。

 

先日放送されたETV特集(NHK)で、ユヴァル・ノア・ハラリ氏が、「パンデミックの中で今、何を考えるべきか」という現状分析と警告を述べていました。とても考えさせられました。

5月6日(水)に再放送(BS1午前10:00〜11:00)があるようです。

 

 

最後になってしまいましたが、聖路加看護大学の山田雅子先生が、厚労省の委託で、訪問介護職員に向けての感染対策の動画を作成されたそうです。ケアマネージャーの方などにも、ご覧になっていただければと思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=HB313h4EOvM&list=PLnfa6DzUZ0N9fmHy2sB2fiKNOGm4oUyaK&index=3&t=37s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 10:53 | comments(0) | - | - |

医療崩壊を防ぐために

私が新卒から10年間看護師として働いた都立墨東病院。当時(30年位前です!)も都立病院の中で最も忙しい病院でした。

その後は近隣に病院が増えてきましたが、当時とは違った忙しさが生じている気がします。

これは墨東病院だけでなく、どこの病院でも同様です。

 

とくに看護師はリスク管理などに追われて、なかなかやりたい看護が実践できないジレンマもあるのではないでしょうか?

 

新型コロナウィルスのように、全く何の症状もないのにPCR検査すれば陽性になる場合、日々激務で疲れている医師や看護師が標準予防策(スタンダードプリコーション)を行なっていたとしても、感染してしまうことはあり得ます。大事なことは、感染が起きた場合にすみやかに対応することしかないと考えます。また、看護師自身もウィルスを持っている可能性は充分あるので、スタッフ同士の濃厚接触も避けなければなりません。

 

なごみ訪問看護ステーションでも、訪問時はもちろん事務所内でも常時マスクを着用し、食事休憩も離れて取るなどしています。そして仕事が終わったら速やかに帰る。事務所の人口密度もなるべく少なくなるよう工夫しています。もちろん事務所は常に換気していますし、スタッフが疲弊しないように、休みが取れるときは休んでもらっています。

 

また、体調の安定しているご利用者の訪問頻度を少し減らし、通所事業所の縮小等により体調悪化のリスクが高いご利用者の訪問を増やすなどの調整をしています。

 

何より今は、状態悪化による緊急入院を避けることが、訪問看護としての使命と考えています。

そして、病院の退院調整部門の皆様、

外来通院が困難な場合など、訪問看護が必要な場合は、ご相談いただければ対応いたします!

 

私自身も週末の趣味の音楽活動が3月から全般的に中止になったので、ストレスが溜まって免疫力が下がらないよう、日々工夫をしています。元気が出そうな音楽動画を張り付けておきます。

「負けないで」

https://www.youtube.com/watch?v=jVw8Xk4axMM&list=WL&index=28&t=248s

 

 

 

 

| 日記 | 12:49 | comments(0) | - | - |

感染予防リーフレット

わかりやすくまとめられたものがあります。

参考にしてみてください。

 

| 日記 | 06:50 | comments(0) | - | - |

新型コロナ肺炎拡大の影響

毎日、新型コロナ肺炎拡大のニュースが発表され、感染を気にするあまり、休みの日でもほとんど外出しないという人も多くなっているのではないでしょうか?

もちろん私もそんな状況でした。

2日くらいの休みなら、それも苦になりませんが、今回は6日間の連休!

元々旅行を計画していた6連休、旅行をすべてキャンセルしたので、何も予定がなく‥

6日間家にこもっているのは、さすがに厳しいと思い、急遽一泊でドライブ兼ねて房総半島の先まで行ってきました。

静かに波の音を聞き、うぐいすの鳴き声を聴きながら‥

近場にこんなにいいところがあるんだと、改めて思いました。

 

そして、一日じゅうコロナばかり気にしていたら、余計に免疫力が下がって感染してしまうかも!と思い直しました。

 

気にせず対策をしないということではありません。

もし感染したらどうしよう!と考え始めると、キリが無いのです。

 

春のお花もたくさん買ってきました。

しばらく楽しめそうです。

 

 

| 日記 | 11:05 | comments(0) | - | - |

不安な日々‥

毎日、新型コロナウィルスの感染者が増えていく。

まだまだ未知なウィルスであり、潜伏期が長く、回復しても再発?するという情報もある。

何が真実なのかわからないからこそ不安になり、情報に惑わされる。

 

東京の感染者は、なぜか地域が不明なので、近くで発症しているという実感がないものの、

地域や電車内で、ひどい咳をしていたり、いかにも熱があるような真っ赤な顔をしている人を見かけると

「コロナ?」と思ったりしてしまう。

 

一方、私自身も1月〜2月は研修のアシスタントや訪問看護のイベントの手伝いなどで不特定多数の人と接する機会があり、

2月初めには風邪気味になり、このまま症状が改善しなかったらコロナ肺炎になるかも!と思ったりもした。

幸い症状は改善してきたので重症化はしない模様だが、もしかしたら感染したのかもしれない。

なので、仕事中や人込みでは必ずマスクを着用している。洗濯しながら‥

 

おかげで、この週末の予定はすべてなくなり、個人的な予定も止めて家にこもっている。

 

4月の演奏会↓に向けての練習が来週もある。

感染者の報告は若干少なくなる傾向にあるが、まだ油断は禁物である。

| 日記 | 14:48 | comments(0) | - | - |

訪問看護フェスティバル

2月11日、東京都庁で開催された訪問看護フェスティバルに協力員として参加した。

当日だけでなく、訪問看護ステーション協会の展示ブースの準備も行なった。

展示ブースでは、都民に訪問看護を理解してもらうために、訪問看護でどのようなことを行っているのかパネルで展示した。

当日は相談コーナーを担当していたが、「訪問看護の質」について考えさせられる相談があった。

 

 

「訪問看護の質」に関しては、様々な会合の場で話題になる。

実際に訪問看護を受けた知人などからも、残念な話を聞くことがある。

ご利用者は、複数の訪問看護ステーションを利用することは少ないので、

関わった訪問看護に関する悪いイメージが、訪問看護全体のイメージにつながってしまうこともあるかもしれない。

 

すでに2020年度の診療報酬改定の概要が発表になった。

今回は、主にリハビリテーションと精神科訪問看護に関する内容であった。

報酬改定の議論に用いられた中医協のデータにも目を通した。

やはり、ご利用者の状態に応じた訪問回数を決める時期に来てると実感した。

 

私は、診療報酬を必要以上に使ってはいけないと常々思っている。

それは、皆さんが支払っている保険料であり税金であり、公的なお金だから、当然である。

 

 

写真は、今年の年賀はがきの切手シート。

50枚弱の年賀状からなんと3枚も当たった。ちょっとうれしい(笑)

 

| 日記 | 10:07 | comments(0) | - | - |

感染予防

 一月に入ってから、新型コロナウィルスによる肺炎にかかった人が急速に増え、中国国内では死者も日を追うごとに増えている。医療従事者の窮状も伝わってくる。日本でもこのようなことが起きたら‥と考えると、他人ごとではない。

 

 ニュースでも、感染予防の方法を具体的に伝えている。その方法は何ら変わったことではなく、通常の咳エチケットと手洗いが重要ということ。まだ未知のウィルスだけに、神経が過敏になり、普段マスクをしていない人もしているようで、インフルエンザが流行する冬の時期としては、良い傾向かもしれない。

 

 感染予防でもう一つ大事なのは、免疫力を高めること。バランスの良い食事と、休養をしっかりとることが基本となる。カゼをひいてしまった時は、自分でも気づかないうちに無理していたのかもしれない。そんな時こそ、生活習慣を見直し、改善する必要があるのでは?と思う。

 

 写真は、昔からある龍角散。

 最近、のどがイガイガしたときに使ってます。

 とても良いです。

 (写真がなぜか横向きになってしまいます‥)


| 日記 | 15:02 | comments(0) | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--